18/10/12

セミナー情報更新しました。

セミナー情報ページを更新しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

キャリアパス制度の正しい運用法
〜処遇改善加算を活用した人事制度を大公開〜

18/10/12

会員専用ページに「労務の達人 10月号 vol.1」を追加しました。

会員専用ページに「労務の達人 10月号 vol.1」を追加しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

>【会員限定ページ】 労務の達人

※こちらのページは会員様限定の閲覧となります。

18/10/02

「固定残業代の有効性」に関する動画配信をしました。

今回は「従業員親睦会の準備・運営は労働時間か」についてです。

社内でスポーツ大会や旅行等の催しを行う会社もあるかと思います。
そういったイベントの準備や運営にかかる時間は労働時間なのでしょうか?
どのように判断するべきか、解説いたします!


(クリックすると再生が始まります。音量にご注意ください。)

どうぞ、ご覧くださいませ。

18/09/26

会員専用ページに「労務の達人 9月号 vol.2」追加しました。

会員専用ページに「労務の達人 9月号 vol.2」を追加しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

>【会員限定ページ】 労務の達人

※こちらのページは会員様限定の閲覧となります。

18/09/10

会員専用ページに「労務の達人 9月号 vol.1」追加しました。

会員専用ページに「労務の達人 9月号 vol.1」を追加しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

>【会員限定ページ】 労務の達人

※こちらのページは会員様限定の閲覧となります。

18/09/04

メディア情報を更新しました。

企業実務(2018.9月発行)の掲載記事を追加しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。
企業実務(2018.9月発行)
「人材育成と目標達成を促す「1on1面談」とは」


企業実務のホームページはこちら
>>>https://www.rodo.co.jp
発行:エヌ・ジェイ出版販売株式会社

18/09/03

「年休の5日付与義務化」に関する動画配信をしました。

今回のテーマは「年休の5日付与義務化」です。

働き方改革関連法が7月に成立しました。
来年4月からは、いよいよ年次有給休暇の5日付与が義務化されます。
年休を1日も取らない従業員がいる会社も少なくないと思いますが、5日間どう付与していくのがよいのでしょうか?
未来経営の高山社労士と栁澤が分かりやすくお伝えします!


(クリックすると再生が始まります。音量にご注意ください。)

どうぞ、ご覧くださいませ。

18/08/20

会員専用ページに「労務の達人 8月号 vol.2」追加しました。

会員専用ページに「労務の達人 8月号 vol.2」を追加しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

>【会員限定ページ】 労務の達人

※こちらのページは会員様限定の閲覧となります。

18/08/10

会員専用ページに「労務の達人 8月号 vol.1」追加しました。

会員専用ページに「労務の達人 8月号 vol.1」を追加しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

>【会員限定ページ】 労務の達人

※こちらのページは会員様限定の閲覧となります。

18/08/01

「固定残業代の有効性」に関する動画配信をしました。

今回のテーマは「固定残業代の有効性」です。

「基本給30万円(残業手当含む)」というような求人を目にしたことはありませんか?また、「自分の会社は固定残業制で、いくら残業しても同じ金額だ」という方もいらっしゃるかもしれません。
固定残業代については近年厳しい判断が下されており、ハローワークの求人でも詳細な表示が求められるようになってきました。
今回は固定残業代の有効性について、高山社労士と栁澤でお送りいたします。


(クリックすると再生が始まります。音量にご注意ください。)

どうぞ、ご覧くださいませ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ≫
お問合せはこちら

メンバーログイン

労務サポートサービス会員の方は、こちらからログインしてください。ログインするとさまざまな情報が閲覧可能になります。

メンバーログイン
モテる会社の人事のしくみ
セミナー情報
youtubeチャンネル
youtubeチャンネル
社会保険労務士法人 未来経営
〒390-0874
長野県松本市大手4-6-4
TEL:0263-32-2002
FAX:0263-32-7684
電話でのお問い合わせ
平日:8:30~17:30
MAP
お問い合わせ

未来経営グループ

  • 税理士法人 未来経営
  • 未来経営 医業事業部
  • 未来経営 医業事業部
  • ながの賃金研究所
ページ上部に戻る